ignotum per ignotius

頑張って書きます

2017年の目標

2017年を迎え既に半月以上が経過してしまったがなんら今年の目標や指針を掲げることすらしていなかったので、ここで定めたいと思う。



【労働について】

転職する。転職先についてはいくつか候補があるので日々検討吟味を繰り返す。もしかしたら公務員試験も受けるかも。試験勉強はしてるけど実際受けるかはまだ定かではない。



【勉強について】

・公務員試験の勉強

各科目いわゆる「スー過去」シリーズを解く。5 〜7周。これ以外は過去問だけ。試験の定石として当たり前だが手を広げない。反復する。時事・論文対策は日頃のニュース新聞をさらいつつ直前1ヶ月で重点的に詰め込む。


・外国語

とりあえず英語は毎日使っているのでいわゆる"お勉強"は30分程度にとどめる。転職や公務員試験にも関わってくるので毎日100words程度の文章を書きつつディベートの練習したりボキャビルしたりする予定。



・数学の勉強

日々少しづつ面白くなってきているので継続(死ぬまでやると思う)。

述語論理、自然数論、ゲーデル不完全性定理については現在読んでいる


Introduction to Metamathematics

Introduction to Metamathematics

を読み進める。500ページ以上の浩瀚な書物だがめちゃくちゃ面白い。数理論理学の方法論一つ一つの背景にあるモチベーションにきちんと正面から言及してくれているし記述・解説が数学書として驚くほど丹念になされているから、テキストとしてはいわゆる「ガチ」な人向けだけどこの分野の勉強を始めたばかりの僕でもなんとか読み進めていける。名著、古典たる所以ここにあり。

公理的集合論は以下の本を使う。

現代集合論入門 (日評数学選書)

現代集合論入門 (日評数学選書)

竹内本で解説されているブール代数については、その基礎的な部分は

記号論理学

記号論理学

で学んでいるので竹内本はあくまでも公理的集合論の基礎の範囲についてのみ学ぶ(多分該当範囲すら読み終わらずに2017年が終わりそうだ)

清水の本は僕が一番最初に読んだ論理学の本。180ページたらずの中に数理論理学における基礎中の基礎・イロハのイから一つの到達点であるゲーデルの第一不完全性定理の証明の方針まで詰め込まれている。おすすめ。

公務員試験以外の勉強は一日60〜90分程度の時間を確保する。


【読書について】
積ん読本を消化していく。岩波新書中公新書が多い。感想をまとめてこのブログに載せたいが多分難しいだろう。

【健康面・運動について】
筋トレや散歩は継続。肉体の状態が精神に影響を及ぼすことを嫌というほど実感したので、”容れ物”を丈夫にする。


【そして一番大事な遊びについて】
遊びに出かけます。色んなところに遊びにいきます。たくさん遊びましょう。今まで遊べなかった恨みを晴らすがごとく遊びましょう。



遊びに行くことは必ず達成するとして、それ以外の目標については6割くらい達成でいいかな。